サプライズ?一緒に?

婚約指輪を選ぶ際に相手にサプライズとしてこちらが内緒で選ぶか、相手と一緒に選ぶかについて紹介していきますので、参考にしてください。

あるところでアンケートをしたところ日本ではサプライズに婚約指輪を贈るというのが案外少ない人数でしかやっていないことがわかっています。多くの場合相手と一緒に婚約指輪を選ぶことが多いです。ですから、何も必ずサプライズで婚約指を贈る必要はないということをまず念頭に置いておいてください。

サプライズのデメリットはやはり相手のことを理解していないといけないのと、場合によっては拒否されることです。メリットは相手の驚く顔を見ることが出来るなどのことがあります。それならプロポーズはサプライズとしてやっても良いですが、指輪自体は一緒に選ぶと言った方法を1つの例としておすすめします。もちろん、サプライズとして指輪も贈ることは問題ないものです。しかし、贈られたものが相手にとってあまり良くないという場合もありますので、その点を考えてどうするかを選ぶようにしてください。

このようにサプライズが必ずしも良いとは限りません。特に婚約指輪は場合によっては失敗することがあります。失敗しない自信やその後対処が出来るなら良いです。あくまでもプロポーズが前提の話なので、上手くプロポーズをするようにしてください。